愛知で格安で外壁リフォームするなら!

愛知で外壁リフォームするとなったら「どこのリフォーム業者が信頼できるか?」「どの工務店に頼めば安いか?」

 

なかなか難しいですし、正しい答えはあってないようなものです。外壁はリフォームのカテゴリーの中でも工事料金が高額になるところなのでなおさら業者選びが難しいです。

 

外壁は、壁や床のように安いリフォームではないので、ある程度時間をかけて慎重にリフォーム業者を選ぶことは大切なことです。

 

間違ってもはじめて飛び込みの営業に来た会社や、電話帳で適当に選んだところを1社だけコンタクトを取って、業者の言われるがまま外壁リフォームを依頼することは避けましょう。

 

確実に足元を見られて高い料金を支払う羽目になっていまいます。

 

今の時代、まずはネットで一括見積もりをして適正な料金を確認することからスタートです。利用料金は無料なので損するリスクはありませんし、加盟店も厳しい審査をクリアーした優良な業者のみが登録されているので安心です。

 

\愛知の外壁リフォーム一括見積もり窓口/

外壁リフォーム愛知

外壁リフォームには複数からの業者選びが重要

住宅の構造部分を雨風や紫外線などから守るための外壁は、劣化しやすい部分のため定期的なリフォームが必要となります。外壁リフォームの種類には、外壁の塗り替えや張り替え、重ね張りの3つがあり、劣化状況に応じて選択されるのが基本で、その費用も異なってきます。外壁がひび割れたなどの状態で、専用の塗料を塗って補修を行う塗り替えは、最も安いコストで修繕できるメリットがあります。

 

使用する塗料のグレードにより値段は変化しますが、安価な塗料で30万円からとなり、耐久年数に優れ断熱や汚れを雨水で流す塗料になると、百数万円まで幅広いのが特徴です。外壁の上にサイディングボードを重ねる重ね張りは、廃材がなく遮音効果が期待できる修繕方法です。外壁のびひ割れや剥がれなど塗り替えと同様の状態で行いますが、家の性能を高める機能があることから、塗り替えよりも値段が高くなり、150万円程度かかります。

 

雨漏りにより外壁にシミが発生、腐食した場合に行われる張り替えは、解体して新しい材料と交換する修繕方法です。断熱材を追加、メンテナンス性の高いサイディングに変更するなど下地を作り直すため、最低でも200万円以上のコストがかかります。しかし、重ね張りよりも外壁に負荷がかからず、耐熱性や耐震性を高められることから、効果的なリフォームといえます。業者によってリフォームのコストの差が出やすくなりますが、複数社からの見積もりの中で最安値の会社を選ぶこと以外にも、対応の良い業者を選ぶことでコストを抑えることができます。

外壁リフォームするのに最適な季節がある?

10年に1度はするべきと言われる外壁リフォーム、その理由は知っていますか?ばっと見て綺麗に見えていても、強い紫外線や雨風を毎日受け続けている外壁は、やはり少しずつ劣化していきます。さらに、外壁の塗り替えで補強することによって家の耐用年数が伸びるので、住宅の資産価値も上がります。劣化が酷くなってからリフォームするよりも結果的にはお得になりますので、まだ綺麗だし大丈夫なんて考えずに定期的な外壁リフォームはしたほうがいいんです。

 

では、外壁リフォームをするのに適した季節とはいつごろなのでしょう。

 

リフォーム自体はどんな季節でもすることは可能です。しかし気温が5度以下、湿度85%以上の時は塗料が固まらない可能性があるためむいていません。同じ理由で雨の日も出来ません。したがって梅雨の時期や冬場は避けた方が無難です。また、平均的な外壁工事の期間は8日から12日間ほどかかるのですが、塗装工事中は窓を汚さないようにビニールなどで覆って保護しますので、開けることが出来ません。そのため、夏の暑い時期だとエアコンのない部屋はとても暑くなってしまうので、そういった部屋で過ごさなくてはいけない家では夏場も避けておいたほうがいいでしょう。また、工事の少ない時期にリフォームをしたとしても料金が安くなる、ということはありません。

 

そのため、外壁リフォームに適しているのは3月から5月、9月から11月ごろの春や秋ごろが、工事中もストレスなく過ごせて適していると言えます。

外壁の塗装!作業の流れと必要な期間

外壁リフォームで塗装を依頼すると、なかなか終わらなくて不安を感じる、あるいは想像しているよりも早く終わったので心配になる人もいるかもしれません。そこで作業の大まかな流れと、必要な期間について頭に入れておくと良いでしょう。

 

まず初日から作業をすることはあまりなく、その日はあいさつのために使われます。近隣のご家庭にも、これから数日間はトラックが出入りするなどの説明をしてくれるところもあるのです。二日目は主に足場を組むことになります。自宅の大きさや隣の家との距離にもよりますが、丸一日かかることが多いです。三日目に壁の洗浄、四日目は下地の処理、下塗りをして中塗り、それから上塗りの順番にやっていきます。点検をして雇い主にも見てもらい、必要とあれば手直しをします。最後に足場の片付けをするのですが、順調に行けば十日ほどで終わります。

 

中にはこれよりもっと日数がかかる場合もあって、それにはさまざま理由が考えられます。例えば雨が多いと作業ができませんし、降らなくても湿度が高い日が続くと下塗りが乾燥しないため、次の工程に進めません。それ以外にも他の家の外壁リフォームとの兼ね合いで、足場を組む業者が遅れることも考えられます。

 

気をつけたいのは、一週間やそれよりも早く終わってしまうケースです。洗浄を省略する、もしくは手を抜いているかもしれず、もしそうなら塗装した後にカビが浮き出てくる恐れがあります。それを防ぐためにも、スケジュール表をもらい、実際に行われる作業をチェックしておきましょう。

その外壁リフォーム工事、補助金対象かもしれませんよ!

頻繁に行うことではないとはいえ、外壁リフォームの費用は大きな負担ですよね。現在、住宅のエコリフォームに対し国の補助金が出ているのはご存知ですか?

 

外壁工事もその対象となる場合がありますので、リフォームを検討中の方は知っておいた方がよいと思います。まず前提として、補助金の目的は住宅の省エネ化を進めることなので、断熱性を高めるような外壁リフォームを行った場合のみ対象となります。そういった素材や工法を使うかどうかは、業者と相談してみないと分からないと思うのですが、ここで気をつけたいのが、こちらの補助金は個人ではなく、業者を通して支払われるため、国が対象とした業者でないと申請ができないのです。そのため、業者選定の際に対応できるかどうか確認する必要があります。

 

さて、気になる補助の金額ですが、国土交通省住宅ストック循環支援事業補助金の資料によると、外壁の断熱改修は単体工事でも対象となり、補助金は120,000円(部分改修の場合は60.000円)となっています。他の工事と合わせて行えば、最大で300,000円、耐震工事も合わせると最大で450,000円までの補助金が出る可能性があります。

 

実際のところ、安価な工事だと対象にならない可能性が高いので、とにかく出費を抑えたいという方には不向きかもしれません。しかし、同じ予算で質の高いリフォームを出来るなら、そちらの方が良いと考える方には向いていると思います。

 

なお、上記に記載した補助金は平成29年度のものなので、来年以降も継続されるかは分かりません。地方自治体では、別の補助金を設けている場合もありますので、まずは業者に確認してみてください。

人気上昇中!外壁リフォームの窯業系サイディング

窯業系サイディングとは、金属系の原料は使用されずに作られているサイディングボードのことです。原料として使われているのは、セメントや石灰岩、ケイ砂、粘土、ガラス、瓦などが主に使用されています。窯業系サイディングの特徴としては、防火性があり、地震にも強く、デザインのラインナップが豊富な事です。そのため、外壁リフォームを行う際に、窯業系サイディングを選ばれる方が増えてきています。また、豊富なデザインにより、使用用途にもバリエーションが出てきており、住宅のリフォーム材として使用されるだけでなく、事務所や商業系のオフィスが入っている建物でも使用されることが多くなっています。

 

他のサイディングボードに比べて、デザインの種類が豊富となっているのには、理由があります。窯業系サイディングを作る過程の中で塗装の工程があり、その工程内で自由に色を変えられるからです。ただし、デザインが豊富だからという理由だけで、多くの人に選ばれている訳ではありませんし、デザインを変更するためだけに、塗装の工程を行っている訳でもありません。塗装作業をするのには、もう一つ大きな理由があります。

 

リフォーム後に使用されている時に、天候や日差しの影響を受けて、サイディングボードを劣化させないために、製品を保護する目的もあります。しかし、製品を作るメーカーによって保護性能が変わるため、各社に問い合わせるか、リフォームされたことがある利用者の方から前もって評判を聞いた方が良いです。保護性能には耐久性や、色落ちがしないか、雨や風、台風にも強いかがあります。

 

\愛知の外壁リフォーム一括見積もり窓口/

外壁リフォーム愛知